時間が空き次第更新していきます。また覗いてください。
「真・三国無双3」アンソロジー ”人の巻” に収録。タイトル「無双演義」
描くにあたりゲームやったら
びっくりするくらい生き抜けなかったです。
未だクリアーできてません。。。
なのにマンガなんか描いてすみません。

僕は公では「E−CUFF」をデビュー作
としておりますが、ホントはその数年前に
同様の『闘神伝』というゲームのマンガを描いてます。

名前は変えてましたが。

きちんと本屋さんに並んでお金を頂いたので
それが実質デビュー作です。
が、今じゃ見るに耐えない絵だと思う。
本も原稿も実家においてあり、この数年見たことない。

古本屋さんで見たら買おうかな〜と思っています。

”魏延”(←)は服に苦戦しました・・・。骨が・・・。

僕が勉強のため読んだ話の魏延とゲームの魏延は少し違ったので、ネーム初稿でスグ駄目って言われた・・・(哀)。

ま、当然です。ゲームやりこめって話です。。。

あと後半に孔明と共に出てくる○○も蒼天○路の○○っぽいって事でなおしたりと、ゲームクリアーできてないことがバレバレで申し訳ない限りでした。

蒼○航路って読んだことないんですが。。。

”黄忠”(→)はもっと深く描きたかったキャラです。あんなことやこんなこと。

なぜなら漢(オトコ)だからだ。

日記でもよくこのフレーズを使いますが、今の若い人たちには通じないのかも・・・と今ふと思いました・・・。

このコマは下描きの時はもっとちゃんと描けてたのですが・・・。下手さがイヤになります。

でもそれなりに一生懸命描いておりますので、ぜひというか必ずというか絶対に見かけたら買って読んで感想など言いましょう。そして1人あたり18人づつに本を薦めてください。

がんば!

関羽はカッコイー!描くのが楽しかったです。

下描きの時はもっと怖く描いてたんですが、処理に時間かかるのでこんなになりました。今回は馬を結構描いてます。

昔まだデビュー前に描いたマンガで初めて馬描いた。その時は近未来の話でしたが未来のバイクを描きたくなく(描けなく)て安易に馬にしました。みんなになんで未来で馬?って突っ込まれた。

その時買った馬の資料が数年経って役に立ちました。

ほんとは孔明(→)をメインで描く予定でしたが・・・。

あんまり派手な話がなかったので
ちょっとイヤな役になってもらいました。でも有名な一言らしいので。

三国志の事はほぼわからなかったんですが今回お仕事させて頂き、ほんの一部ですが読み込み、その奥深さスケールのでかさにほんと驚きました。

ゲームと一緒に頂いた資料を読んでいるだけで楽しいしいろんなことが想像できるという素晴らしい物語でした。是非今後も読解していこうと思います。

そんなわけでまた描きたいな〜

とまたもアピールしてみる。

(媚)

上の絵は・・・。

まだ発売中なので、買って読んでください♪
また時間が空き次第更新します。

この作品に対するご感想をなどあれば↓からよろしくお願いおたします。
お名前
ご意見